2人の男性

コウモリ駆除で安全な暮らしをゲット|害虫の悩みを解決

ネズミの特徴

作業者

屋根裏に住むネズミ

ネズミは外敵から身を守るため、または幼少のネズミを守るために、安全な場所を探します。その一つが、屋根裏となっています。屋根裏に周りからビニール類や、毛布の綿などを集めてきては、それを集めて、保温しながら住むことが多く見られます。こうしたことから、保管している布団などが噛みちぎられることとなるのです。また、ネズミは屋根裏に集団ですむので、被害も何倍にもなるということになります。しかしながら、ネズミは集団で住みますが、それぞれグループで縄張りを持っています。他のネズミが進入すれば、追い出すこととなり、この時に屋根裏で大きな足音がするケースです。このようにネズミの習性を知りながら、退治に向けた作戦を立てなければなりません。

退治するには

素人が行うネズミ退治は、自宅に潜んでいることがわかっている状態から始められることになるでしょう。ですから、何かしらの痕跡がないと退治を始めることがないのがネックになりますこれでは、痕跡を見つけた時には既に相当の被害に遭っていることも考えられるので、リスクは高まることになるでしょう。特に衛生的な観点からすると、ネズミがいるだけで糞尿被害に遭遇したり二次的な害虫の発生被害に遭ったりすることも考えられるので危険です。先にネズミの危険性を察知して対処するのであれば、ネズミ退治のプロに現地調査をしてもらうのがいいでしょう。ネズミ退治のプロなら現地を見て適切な対処をしてくれるので、素人よりも適格で安全な対策に繋がっていきます。